TEL:03-5603-0288  FAX:03-5603-0281

家庭でできる美味しい中華 : 水餃子|レバテキ

講師:張 学金
    ・神奈川県中華料理生活衛生同業組合理事長
    ・北京食堂(横須賀市東逸見町1-2)店主


 中国では、餃子といえば、水餃子のことを言い、家庭の味として親しまれています。
 正月や祝いの席では、硬貨を入れて、アタリとするなど、宴席を楽しみます。
 ご家庭にある材料で、気軽に水餃子を楽しみましょう。

【材料】 約80個分

・強力粉……………500g
・水…………………300cc

タレ
・ニンニク…………1カケ
・醤油………………適量
・酢または黒酢……適量
  あん
・豚挽き肉……400g
・白菜…………約1kg
・長ねぎ………半本
・ニラ…………ひと束
・水……………100cc
・醤油…………90〜100cc
・ごま油………大さじ4
・生姜…………10g


【作り方】
T.生地(皮)をつくる
Step1.
強力粉500gをボールに入れ、水300ccを少しずつ加えて行き、しゃもじ等で軽くかき混ぜていく。
全体に均一に混ざったら、板などの上に移し、よくこねる。

Step2.
ある程度まとまったら、濡れ布巾(キッチンペーパーでも良い)をかぶせ、10分ほど寝かせる。

Step3.
さらに練って、きめ細かな、すべすべの状態にする。
※しっかりこねるのが、食感を良くするコツ。

Step4.
まとめたものを棒状に伸ばし、手か道具で直径2cm核に切る。

Step5.
ひとつずつ丁寧に手のひらで平につぶし、麺棒で平に伸ばす。
※左上部をつまみ、手前に回しながら周りを薄く、中央を少し厚めにして、直径8cm位に伸ばす。


U.あん(具材)をつくる
Step1.
豚挽き肉400gをボールに入れ、生姜10gをすって入れる。
※ お好みで、貝柱、エビ、椎茸などの具材を自由に加えてお楽しみ下さい。

Step2.
水100ccを、少しずつ加えながら練って行き、次に醤油90cc〜100ccを、少しずつ加えて、さらに粘りが出るまで良く練る。

Step3.
白菜約1kgを細かく刻んで、湯通しし、冷やした後、水気を良く絞る。
長ネギ、半本、ニラひと束も細かく刻んで、上に加える。

Step4.
ゴマ油大さじ4を入れて、よく混ぜ合わせる。

Step5.
十分に混ぜ合わさり、滑らかな状態になったら出来上がり。

V..あんを包み、茹で上げる
Step1.
大さじすりきり1杯を、伸ばした皮の中央に載せて、上部を右手の親指と人差し指で つまむ。
※具材は、少なめにするのがコツ。

Step2.
左手で左側を押さえ、右手を右側に添え、強く押し包み上げる。
※茹でている時に中身が出ないように、しっかり閉じる。

Step3.
大きめの鍋にたっぷりの湯を沸騰させ、包み終えた餃子を強火で茹でる。
皮が透き通ってきたら、すくって取り出し、酢醤油などで頂く。
<酢醤油の作り方>
すり下ろしたニンニクと醤油3:酢(黒酢)1を合わせます。
割合は、お好みで調節してください。
◆作り過ぎたら焼き餃子
中国では、茹で過ぎて余った餃子は、翌日焼き餃子にして食べます。多めに作っておいて、冷凍し、焼き餃子にして食べるのも良いでしょう。
※少々出来が悪くても、気にせず、楽しんで作ることが最大のポイントです。着色料や保存料を使わない、安心・安全で、自然な美味しさを堪能してください。
Copyright © Zenchuren &NihonDraft.CO,.Ltd. All Rights Reserved